会社概要

_________________
 

 

American Leather / アメリカンレザー

 

address : 4501 Mountain Creek Pkwy, Dallas, TX 75236.

 

 

日本担当窓口:


A.L.A 株式会社

〒251-0046 神奈川県藤沢市辻堂西海岸3丁目-1-41-208
TEL/FAX: 0466-33-5070

田村 美樹 / Miki Tamura

mail: tamura@americanleatherasia.com

 

牧 圭佑 / Keisuke Maki

mail: maki@americanleatherasia.com

 

About Us

__________________

 

1990年代から始まったアメリカンレザーの成長は目を引くものはありますが、真の成長は熟練した職人の技、技術の進歩、常識を打ち破るアイデアの中にあります。

その技術と新しいアイデアは毎年アメリカンレザーのダイナミックなコレクションとしてリリースされ、一種の顧客との関わり方や忠誠心を示す方法だと考えています。

また、正しい事を行うというシンプルな考えにより、パートナーと消費者のニーズを満たし、関わりあう方々の生活の質を高めることを重視しています。

私たちはスピード、品質、カスタマイズの伝統にしっかりと根を下ろしており、特に「なぜ?」と常に問う起業家精神を大切にしています。

小さなチームから600人以上の従業員まで、アメリカンレザーの家族文化は会社の柱です。従業員は私たちの最大の資産であり、出身国は35か国に達しました。その多様性がプロセスに関する世界的な見通しが得られる当社の最大の強みの1つとなっています。

環境への取り組み

_________________________ 

AmericanLeather®は、家具業界の持続可能な開発を促進するために設立された非営利組織Sustainable Furniture Councilの創設メンバーとして、製品と製造業務を環境に優しいものにすることに取り組んでいます。

各フレームは、持続可能な森林から収穫された木材で構成されており、できるだけロスを少なくするように精密に設計されています。残ったスクラップはリサイクルまたは再利用されます。

すべての革は水性顔料を使用しており、環境に優しい革を提供しています。弊社の革新的な製造技術は革くずの数を最小限に抑え、木くずと同様残った革くずはリサイクルされるか、小さな革製品の生産のために再販されます。

すべての家具スタイルは、大豆ベースのBiOH®Polyols Renew™フォームクッションを使用しています。これは、完全にリサイクル可能で、さまざまな硬さと密度で利用できます。さらに、20144月以降、アメリカンレザーは、難燃剤を含まないフォーム、レザー、ファブリック、およびウルトラスエード®のみを使用しています。

MEET OUR MEMBERS

国際ホテルレストランショー

左:Frank Boardman, 

       Vice President – Hospitality & Contract

右:田村 美樹 / Miki Tamura

       A.L.A株式会社

国際ホテルレストランショー

左:田村 美樹 / Miki Tamura

        A.L.A株式会社

右:牧 圭佑 / Keisuke Maki

        A.L.A株式会社

PAGE TOP